何だかんだで私のさじ加減。

何だかんだで私のさじ加減。

自分の機嫌は自分でとって、楽しく生きてる日々のあれこれ

【横浜市民のおすすめ品】トマトの味が濃くて美味しい!ハイカラ可愛い、横濱屋本舗の清水屋ケチャップ

気になっていたんです。こちら、横濱屋本舗の清水屋ケチャップが。

 

f:id:watasaji:20200711113657p:image

 

なぜなら私は横浜市民なのですが、国産トマトケチャップは横浜が発祥の地なんですって。そんな国産初のケチャップを復刻したものが、横濱屋本舗のこの商品だそうで。

 

以下、横濱屋本舗さんのホームページ抜粋になります。

横浜市史稿」によると、慶応二年(1866年)頃、横浜・子安村の堤春吉が西洋野菜の栽培を始めたと言われています。

栽培農家の一人、清水與助氏は西洋野菜の栽培だけでなく、トマトの加工事業を始めました。我々は明治期の資料に残る加工作業の様子を丹念に調べ、度重なる施策を重ねました。

そして出来上がったのは、宮内省御用達にもなったと言われる極上のケチャップ『清水屋ケチャップ』です。

 

神奈川県のローカルテレビ局であるテレビ神奈川(tvk)でもそのことが紹介されていて、それを見てからずっと食べてみたいと思っていたんですよねー。

 

ちなみに私は、先日オープンしたニュウマン横浜の中にある2416MARKETにて、税抜500円(1本300g)で購入しました。

 

 

レトロ可愛い、ハイカラデザイン

このおしゃれな…いや、ハイカラって言ったほうがしっくりくるかな。そんなケチャップのラベルも、明治時代のものを再現しているそうですよ。 レトロ可愛くて素敵!

 

f:id:watasaji:20200711113751p:image

 

パッケージも凝っていて、これまた素敵!

 

f:id:watasaji:20200711125334p:image

 

側面には、ケチャップ完成の経緯が書いてあったり…


f:id:watasaji:20200711125341p:image


f:id:watasaji:20200711125326p:image

 

背面には、横濱屋本舗さんのモットーが。


f:id:watasaji:20200711125348p:image

 

ラベルもパッケージも全てが凝っていて、企業側の熱意が伝わってきます。こういう商品大好き!デザインの魅力は購買意欲に直結しますよね。

 

 

トマトの味と色味が濃い美味さ

はい、そして肝心のお味!まずはケチャップそのものを味わうべく、フライドポテトにつけて食べてみることにしました。

 

f:id:watasaji:20200711122727p:image

 

美味しい!トマトの味が濃い!

 

続いて、いつも使っているハインツのケチャップと食べ比べ。右の白い小皿が清水屋ケチャップで、左の青線小皿がハインツのケチャップ。

 

f:id:watasaji:20200711123151p:image

 

やっぱり清水屋のほうが味が濃い!もちろん、ハインツも十分美味しいですけどね。写真にするとあまりわからないけれど、清水屋のほうが色味も濃いです。

 

でも、決して濃厚というほど重くはないんですよねぇ。トマトピューレっぽい味の濃さはあるけれど、サラッとしたケチャップ特有の美味さをちゃんと合わせ持っています。

 

次はオムライスにかけて食べてみたいなぁ。ナポリタンにしても美味しいだろうし、すぐに使い切ってしまいそうな予感。

 

横浜土産にぴったり

あと思ったことが、良いお土産見〜つけた!ってこと。レトロ可愛いデザインといい、トマトの味が濃い美味しさといい、これは自信を持ってお土産にすることが出来ます。

 

何より、ケチャップは横浜が発祥の地ですからね。そんな雑学も含めつつ、横浜土産にぴったり。意外と横浜土産って迷うことが多かったので、新たな選択肢が増えて嬉しいです。

 

そんな感じで自宅用としてのみならず、お土産用としても使い勝手が良さそうな横濱屋本舗の清水屋ケチャップ。これは本当に良いものと出合えたと思っています!

【ぬか漬け生活1ヵ月】ぬかどこをお引越し!無印良品バルブ付き密閉ホーロー保存容器の利点と注意点について

以前にもブログで書いたとおり、おうち時間の急増によって始めた無印良品の発酵ぬかどこ。改めて言いますが、これ本当に買って良かったー!!

 

watasaji.hatenablog.com

 

そんなぬか漬け生活を始めて1ヵ月余り、新たな展開がありました。それは…

 

ぬかどこをホーロー保存容器へ移す!

 

更に、これまでほぼ毎日向き合ってきた現ぬかどこには別れを告げて、

 

ぬかどこを新調する!

 

結果…

 

より漬けやすくなって、大成功!

 

今回はそんな、無印良品発酵ぬかどこ生活のその後についてお伝えしようと思います!

 

 

 

 

発酵ぬかどこを1ヵ月で新調した理由

  • ぬかどこのゆるさが半端なくなったから
  • ぬか漬けの漬かり具合が悪くなったから

 

以前のブログを読んでもらえばわかると思うのですが、最初の頃は結構色々と漬けており、水分が多く出る野菜もたくさん漬けていました。アスパラとかセロリとか。

 

結果、ぬかどこのゆるさが半端なくなりまして…。水分がしみ出てる感じ、わかりますかね。

 

f:id:watasaji:20200706130043j:image

 

もちろんキッチンペーパーで吸い取ったりしていましたが、もはやそれでは追いつかぬほど。こうなると全体の漬かり具合も悪いし、ぬか漬けの味もぼんやりしてあまり美味しくない。

 

対応策として塩を加えてみたもののイマイチだし、ならば無印の補充用ぬかどこ(250g)を投入しようと思ったのですが、人気商品らしくて店舗では売り切れ。

 

それならいっそのこと前回と同じ1kgを買い、一から漬け直したほうが味的にも良くなるのでは?と思ったことが、ぬかどこを新調した理由です。

 

1ヵ月余りで早すぎるとも思いましたが、これからも続けていくなら早いうちに軌道修正したほうが良いと思って。この判断は、結果的に正解だったと思います。

 

ここで、ひとつだけ言わせてください。

 

水分の多い野菜を漬けるのは…

 

気をつけなはれや!!

 

 

ホーロー保存容器へ変えた理由

  • ジッパー部分の手入れが面倒になったから。
  • 小さな野菜が取り出しにくかったから。

 

新ぬかどこを迎え入れる時に思ったことが、ジッパー部分の手入れはもうしたくないということ。

 

f:id:watasaji:20200706114801p:image

 

清潔に保つため、袋をしっかりとじるため、この部分の細かな溝に入り込んだぬかをしっかり取り除いてから冷蔵庫へしまいたいのですが、これが結構面倒な作業で。

 

尚且つ、この縦に深い袋だと野菜が奥底に埋まってしまうことがあり、プチトマトなどの小さい野菜を見失うことが多々あったんですよね。

 

なのでそれらを総合的に考えた結果、こちらの容器で漬けることがベストなのではという考えに至りました。

 

無印良品公式サイトより

f:id:watasaji:20200705132104j:image 

無印良品のバルブ付き密閉ホーロー保存容器。ホーローは酸や塩分にも強いらしいので、まさにぬか漬けにはうってつけですしね。

 

 

バルブ付き密閉ホーロー保存容器の利点

  • 簡単に清潔に保てる
  • 程よい深さなので野菜を見失わない
  • ニオイ漏れが全くない

 

細かい溝がないので容器についた余分なぬかもひと拭きするだけで綺麗に落ちるし、容器の間口が広いので野菜も取り出しやすい。あと、ここも大事。ニオイ漏れゼロ。

 

元のチャック付き袋でもニオイ漏れはありませんでしたが、このホーロー容器もさすが。商品名に液体とニオイが漏れないと書いてあるだけの実力がありました。

 

f:id:watasaji:20200705163136p:image

 

どうやらバルブに秘密があるようですね。バルブを押し下げるとフタが密閉して、空気の流入を防いでくれるようです。

 

野菜を入れて、

 

f:id:watasaji:20200703232813p:image

 

野菜の上にぬかをかぶせて、フタをしてバルブを下げたら冷蔵庫へ。

 

f:id:watasaji:20200705211349p:image

 

これまでと変わらず、美味しいぬか漬けが出来上がります。

 

f:id:watasaji:20200703232941p:image

 

 

バルブ付き密閉ホーロー保存容器の注意点

  • バルブを上げる時に注意
  • フタ裏の水滴に注意

 

先ほどバルブを押し下げると空気の流入を防いでくれると言いましたが、逆にフタを開ける時はバルブを上げないといけないのですが…

 

正しくは、こう。

 

f:id:watasaji:20200705211530p:image

 

それが、たまに…

 

f:id:watasaji:20200703174141j:image

 

あまり強く引っ張り上げると、バルブが取れてしまうことも。取れたとしてもまた簡単にはめることが出来るので問題はないのですが、少し注意が必要です。

 

あとは、フタの裏に水滴がつきやすい!

 

f:id:watasaji:20200703195819p:image

 

結露なんですかね?それとも、空気の流入を防いでる結果?どちらにせよ、フタを開けた時にはこまめに拭き取るようにしています。

 

こんな感じで色々と軌道修正しつつも続けている、ぬかどこでのぬか漬けづくり。今後どんな展開になるかはわかりませんが、引き続き楽しんでいきたいと思います。

【弁当は世界のBENTO】今だからこそ、テレビ番組BENTO EXPOで世界のBENTOを楽しもう!

ご存知でしょうか。

 

NHK総合で毎週火曜日の午後12時20分から放送されているBENTO EXPOを。私この番組が大好きなのです!

 

NHK公式サイト

f:id:watasaji:20200630171454j:image

https://www.nhk.jp/p/bentoexpo/ts/G79JYR2KP1/

 

・海外向け放送を再編集

元は海外向け放送NHK WORLD JAPANでの人気番組で、それを地上波向けに再編集したものなんですね。なので、もちろん日本語放送。

 

放送時間は平日昼間ですが、録画しておいて夜にみるのもまた良し!頭を空っぽにしてボーッとみても楽しめます。20分番組なので、サクッとみれる点もお気に入りです。

 

・BENTO尽くしの20分

番組内容は、世界の人たちが作るBENTOを紹介したり、BENTOをテーマに日本や世界を旅したり、BENTO作りのテクニックを紹介したり。とにかく最初から最後までBENTO尽くし!

 

世界の人たちが作るBENTOは、やっぱりキャラ弁が大人気。食べてみたいと思うものから、鮮やかすぎる色使いに若干戸惑うものまで、毎回様々です。

 

BENTOの旅は、毎回赴く国や地域によって異なる文化を垣間見ることが出来ます。それぞれの国の弁当箱にも違いがあって、そちらに注目してみるのも面白い!

 

BENTO作りのテクニックは、すぐに真似出来そうな知識が盛りだくさん。ここでよく登場する3Sソース(砂糖:醤油:酒を1:1:1の割合で合わせた万能タレ)はかなり使えます。

 

・個性派ほのぼのMC陣

MC陣も番組に欠かせない存在です。出身国が異なる3人のタレントさんが番組内で紹介されるBENTOについてお喋りするのですが、全員が個性派。

 

なのに全員我が強いわけでもなく、まとまりが良いんですよねぇ。個性派揃いなのに無駄に騒がしくないのも、みていて心地良い!

 

また、この食材だったら自分の国ではこう料理して食べることが多いとか、それぞれ自国の情報を織り交ぜて話してくれるのもとっても興味深いのです。

 

そんな魅力いっぱいのBENTO EXPO。以前のように海外へ行けなくなってしまった今だからこそ、この番組で世界のBENTOを楽しむことがより一層楽しみになっています。

 

気楽にゆるーく楽しむことが出来るので、機会があれば是非チェックしてみてくださいね。

 

NHK WORLD JAPANのサイトでは、レシピや世界の人たちが作ったBENTOの紹介もあるので、こちらも要チェックです。

 

NHK WORLD JAPAN公式サイト

f:id:watasaji:20200630203242j:image

f:id:watasaji:20200630212649j:image

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/bento/

【今やガチの相撲好き】シンプルだからこそ奥が深い!海外生活で気づいた相撲の面白さ

突然ですが、私は相撲が好き。今風に言えば「スージョ」なのかもしれませんが、そんな可愛らしい響きは似合わぬほど、結構ガチな相撲好き。

 

▼ガチが故に、思わず買ってしまった相撲の錦絵がデザインされた切手シート

f:id:watasaji:20200628134222p:image

 

▼84円切手×10枚で840円

f:id:watasaji:20200628140654p:image

 

▼買ったはいいけど、いつ誰宛に使うん…ていう

f:id:watasaji:20200628140643p:image

 

 

相撲を好きになったきっかけ

きっかけは数年前、海外に半年ほど滞在していた時でして。よくランチで利用していた日系のお店が、テレビでNHKの相撲中継を流していたんですよね。

 

それまで全く興味なんてありませんでしたが、とりあえず知っていればいいのは「土俵の外に出たら負け」ということだけ。それさえわかれば、日本人だって外国人だって楽しめてしまうシンプルさ。

 

異国の地で力士の取組を見ながらそんなことに気がついて、そのシンプルさに魅力を感じたのだと思います。まぁだからこそ奥が深いというのは、後になってわかることなのですが…。

 

そんなわけで、私の相撲好きはある意味逆輸入。帰国してからも毎場所取組を見続け、更にハマって今に至ります。

 

▼相撲の基礎を知りたくて買った本。イラスト入りでわかりやすい

f:id:watasaji:20200628124027p:image

 

▼そんな私の相撲好きを知る友人からの贈り物も、ガチ

f:id:watasaji:20200628124039p:image

 

気になる力士たち

特に贔屓にしている力士はいませんが、朝乃山(あさのやま)は入幕した2017年9月場所からずっと応援しているので、大関に昇進してくれて嬉しい!このまま怪我なく横綱を目指して欲しいです。

 

▼朝乃山(日本相撲協会サイトより)

f:id:watasaji:20200628131545j:image

 

あと、今年の初場所で幕尻優勝を果たした徳勝龍(とくしょうりゅう)にも頑張って欲しいなぁ。3月場所では連敗が続いた中、横綱鶴竜相手に初白星を初金星で飾ったことにも感動しました。

 

▼徳勝龍(日本相撲協会サイトより)

f:id:watasaji:20200628131611j:image

 

それと、いま大人気の炎鵬(えんほう)先程、土俵の外に出たら負けということだけ知っていればいいと言いましたが、相手を土俵から出すのも力だけで押せばいいというわけではなく。

 

そこには、駆け引きや緻密な頭脳プレーも必要なんですよね。炎鵬は小兵力士だからこそ、そういった頭脳プレーがよく見られて面白いです。

 

▼炎鵬(日本相撲協会サイトより)

f:id:watasaji:20200628131910j:image

 

取組観戦以外の楽しみ

化粧廻しのデザインにも毎回注目しています。出身地にちなんだデザインなど各々凝っていて、面白いんです。土俵入りでは十両以上の力士が一斉に揃うので要チェック!

 

あとは何より力士の笑顔が好き。いつも真剣な眼差しの力士たちが、時折見せる笑顔が可愛くて可愛くて。より一層応援したくなってしまいます。

 

また、行司(土俵上で勝負判定する人)や呼出(力士を呼び上げたりする人)にも個性があって面白い!無観客試合となった3月場所は、そんな行司や呼出の声がいつもよりよく聞こえるという楽しみもありました。

 

私の目下の夢は、国技館で取組を観戦すること。これまで一度もないので今年こそは行きたいと思っていたのですが、コロナの影響でしばらくは無理なんだろうなぁ。夢は来年以降に持ち越しですかね。

 

とにもかくにも、中止となった5月場所を経て、7月場所は無事に開催されることを願っています。早く国技館で観戦できる日が来ますように…。

【今日は何の日】6月26日はスティッチの日!だけど、その理由がなかなか斬新

5月から始めたこのブログ。とりあえず6月末までの2ヶ月間は1日おきに更新しようと自分に課しておりましたが、それも残るところあと数日。7月からは好きなペースで書くぞー!

 

と思いつつ、今日書くことが全く思い浮かばない。これじゃひっそりと守ってきたペースが最後の最後で崩れてしまう…。

 

そんな超個人的難局に手を差し伸べたのが、「今日は何の日」という話題でして。今日、6月26日はスティッチの日だって知ってました?

 

スティッチって、あれね。リロ・アンド・スティッチのあの子ね。

 

▼2017年撮影

f:id:watasaji:20200626091520p:image

 

私はそんなこと全く知らなかったので、今日がスティッチの誕生日とか?もしくは、リロ・アンド・スティッチの公開日とか?なーんて思っていたら…。

 

スティッチが626番目に作られた試作品エイリアンであることにちなんだ「スティッチの日」だそうです。

 

え…?

 

626番目に作られたから…?なかなか斬新な理由だな。6月26日に作られたとかならわかるけど…。

 

という若干の戸惑いもありますが、ちゃんと日本記念日協会に認定されているらしいのでね。紛うことなき記念日なのです。

 

▼2018年撮影

f:id:watasaji:20200626112441p:image

 

で!この日を記念して、ディズニーストアではめちゃくちゃ可愛いスティッチグッズが販売されていたり。

 

▼ディズニーストア公式サイトより。このミニタオルが可愛すぎる!

f:id:watasaji:20200626103403j:image

 

TDRTwitterでも、今日がスティッチの日だと呟かれていたり。

 

東京ディズニーリゾートTwitterより

f:id:watasaji:20200626103945j:image

https://www.tokyodisneyresort.jp/tdrblog/detail/200626/?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=200626

 

全く知らない記念日だったけれど、ディズニー界隈では盛り上がっている様子。 

 

奇しくもちょうどディズニーランド&ディズニーシーの再開も決定したことだし、こんなの見ちゃったら早くパーク内でスティッチに会いたくなってくるなぁ。

 

▼2019年撮影

f:id:watasaji:20200626112547p:image

 

まぁ、あのチケット争奪戦に勝つのはだいぶ無理ですけどね…。いつになったらまた普通に行けるようになるのか。

 

何はともあれ、6月26日はスティッチの日!久しぶりに映画でもみようかな〜。