何だかんだで私のさじ加減。

何だかんだで私のさじ加減。

自分の機嫌は自分でとって、楽しく生きてる日々のあれこれ

【純度100%】普段漫画を読まない私が愛しいとすら思う大好きな漫画は「君に届け」

前回の記事でアシガールの再放送にハマっていると書きましたが、高校生が主役のものでもう一つだけ大好きなものがあります。

 

それが、君に届けという漫画。

 

f:id:watasaji:20200519110610p:image

 

そういえば、アシガールも元は漫画なんですよねー。読んだことないけれど…。

 

子供の頃はりぼんやなかよしに掲載されていた漫画が大好きでしたが、大人になってから読んだことのある漫画は数える程度で、その中の一つがこの君に届け

 

2006年から2017年まで別冊マーガレットで連載されており、単行本は全30巻。私はもっぱら単行本派だったのですが、もう全てが愛おしい漫画なのです。

 

本当は善意のかたまりのような優しい子なのに、長い黒髪や見た目の暗さのせいで周りから貞子と呼ばれて怖がられ、クラスに馴染めずにいた主人公の爽子。

 

そんな彼女を怖がることなく、初めから笑顔で接してくれた同じクラスの人気者風早くん。

 

この2人を中心とした恋愛や友情なんかが描かれているのですが、もぉぉぉね!

 

2人はもちろん、彼らの友達も先生も両親も

全員がいい人!

 

登場人物に

悪者がいないんです!

 

みんなが

思いやりに溢れてるんです!

 

これって結構稀なことのように思います。

 

いや、はじめはいるんですよ。

悪者というか、風早くんを巡って爽子と恋のライバル的立ち位置になるくるみちゃんという同級生の女の子が。

 

結構汚い手を使って爽子と風早くんを遠ざけようとするんですが、でもねー。

これがねー、ただの悪者じゃないんです。

むしろ結果的には全く悪者じゃないんです。

何なら、くるみちゃん…!!(泣)とすらなるのです。

 

そのくるみちゃんと爽子の関係性は後々一つの軸となるくらいなので…あー!読んだことない人には是非とも実際に読んでもらいたい!!本当にとっても良いから!!

 

と声を大にして言いたいのです、はい。

 

みんなそれぞれに頑張っていて、誰かを想ったり、目指す夢があったり。

 

そんな彼らを見守る先生や両親たちのシーンもねぇ、また良いんですよねぇ。子供を想う親の気持なんかも描かれていて、所々でウルッときます。

 

もちろん声を出して笑っちゃうようなシーンもたくさんあるので、全30巻と結構な大作ですが全く間延びすることなく読めちゃうんですよねー。

 

登場人物一人一人に寄り添ってそれぞれの感情を丁寧に描いて進んでいくので、いちいち全員に感情移入してしまいます。

 

だからこそ全てが愛おしく思えて大好きな漫画なのです。

 

そして何と!その君に届けの番外編が始まったという嬉しい展開がありまして!!単行本も2020年5月時点で1巻まで発売中なんですけどね。

 

今度の主人公は、くるみちゃん。

そう、はじめは爽子に意地悪をしていたくるみちゃんが今回の主人公で、高校卒業後の物語が描かれています。もちろん爽子たちも出てきますよ。

 

番外編のタイトルは運命の人。

 

f:id:watasaji:20200519110130p:image

 

ロマンス感強めのタイトルと表紙デザインに最初は若干戸惑ったのですが、中身は前作と変わらず…

 

というか…

 

やっぱり期待通りにめっちゃいい!!

 

くるみちゃんの運命の人は一体…?というね。

 

あ!ちなみにこれね、君に届けを読んだことない人でも楽しめます。基礎知識がなくてもすんなり読めちゃうと思います。

 

言うまでもなく私はすでに深々とハマっていて、早く単行本の続きが出てほしいと切に願っている今日この頃。

 

何だろう…アシガールといい君に届けといい、一生懸命で純度の高い若者たちの物語が好きなんでしょうかね…私。

 

まぁ何はともあれ、大人になってもこうやって楽しみにしている漫画があるっていいですね。

 

引き続き、思う存分ハマっていこうと思ってます!