何だかんだで私のさじ加減。

何だかんだで私のさじ加減。

自分の機嫌は自分でとって、楽しく生きてる日々のあれこれ

【今やガチの相撲好き】シンプルだからこそ奥が深い!海外生活で気づいた相撲の面白さ

突然ですが、私は相撲が好き。今風に言えば「スージョ」なのかもしれませんが、そんな可愛らしい響きは似合わぬほど、結構ガチな相撲好き。

 

▼ガチが故に、思わず買ってしまった相撲の錦絵がデザインされた切手シート

f:id:watasaji:20200628134222p:image

 

▼84円切手×10枚で840円

f:id:watasaji:20200628140654p:image

 

▼買ったはいいけど、いつ誰宛に使うん…ていう

f:id:watasaji:20200628140643p:image

 

 

相撲を好きになったきっかけ

きっかけは数年前、海外に半年ほど滞在していた時でして。よくランチで利用していた日系のお店が、テレビでNHKの相撲中継を流していたんですよね。

 

それまで全く興味なんてありませんでしたが、とりあえず知っていればいいのは「土俵の外に出たら負け」ということだけ。それさえわかれば、日本人だって外国人だって楽しめてしまうシンプルさ。

 

異国の地で力士の取組を見ながらそんなことに気がついて、そのシンプルさに魅力を感じたのだと思います。まぁだからこそ奥が深いというのは、後になってわかることなのですが…。

 

そんなわけで、私の相撲好きはある意味逆輸入。帰国してからも毎場所取組を見続け、更にハマって今に至ります。

 

▼相撲の基礎を知りたくて買った本。イラスト入りでわかりやすい

f:id:watasaji:20200628124027p:image

 

▼そんな私の相撲好きを知る友人からの贈り物も、ガチ

f:id:watasaji:20200628124039p:image

 

気になる力士たち

特に贔屓にしている力士はいませんが、朝乃山(あさのやま)は入幕した2017年9月場所からずっと応援しているので、大関に昇進してくれて嬉しい!このまま怪我なく横綱を目指して欲しいです。

 

▼朝乃山(日本相撲協会サイトより)

f:id:watasaji:20200628131545j:image

 

あと、今年の初場所で幕尻優勝を果たした徳勝龍(とくしょうりゅう)にも頑張って欲しいなぁ。3月場所では連敗が続いた中、横綱鶴竜相手に初白星を初金星で飾ったことにも感動しました。

 

▼徳勝龍(日本相撲協会サイトより)

f:id:watasaji:20200628131611j:image

 

それと、いま大人気の炎鵬(えんほう)先程、土俵の外に出たら負けということだけ知っていればいいと言いましたが、相手を土俵から出すのも力だけで押せばいいというわけではなく。

 

そこには、駆け引きや緻密な頭脳プレーも必要なんですよね。炎鵬は小兵力士だからこそ、そういった頭脳プレーがよく見られて面白いです。

 

▼炎鵬(日本相撲協会サイトより)

f:id:watasaji:20200628131910j:image

 

取組観戦以外の楽しみ

化粧廻しのデザインにも毎回注目しています。出身地にちなんだデザインなど各々凝っていて、面白いんです。土俵入りでは十両以上の力士が一斉に揃うので要チェック!

 

あとは何より力士の笑顔が好き。いつも真剣な眼差しの力士たちが、時折見せる笑顔が可愛くて可愛くて。より一層応援したくなってしまいます。

 

また、行司(土俵上で勝負判定する人)や呼出(力士を呼び上げたりする人)にも個性があって面白い!無観客試合となった3月場所は、そんな行司や呼出の声がいつもよりよく聞こえるという楽しみもありました。

 

私の目下の夢は、国技館で取組を観戦すること。これまで一度もないので今年こそは行きたいと思っていたのですが、コロナの影響でしばらくは無理なんだろうなぁ。夢は来年以降に持ち越しですかね。

 

とにもかくにも、中止となった5月場所を経て、7月場所は無事に開催されることを願っています。早く国技館で観戦できる日が来ますように…。