何だかんだで私のさじ加減。

何だかんだで私のさじ加減。

自分の機嫌は自分でとって、楽しく生きてる日々のあれこれ

【ぬか漬け生活1ヵ月】ぬかどこをお引越し!無印良品バルブ付き密閉ホーロー保存容器の利点と注意点について

以前にもブログで書いたとおり、おうち時間の急増によって始めた無印良品の発酵ぬかどこ。改めて言いますが、これ本当に買って良かったー!!

 

watasaji.hatenablog.com

 

そんなぬか漬け生活を始めて1ヵ月余り、新たな展開がありました。それは…

 

ぬかどこをホーロー保存容器へ移す!

 

更に、これまでほぼ毎日向き合ってきた現ぬかどこには別れを告げて、

 

ぬかどこを新調する!

 

結果…

 

より漬けやすくなって、大成功!

 

今回はそんな、無印良品発酵ぬかどこ生活のその後についてお伝えしようと思います!

 

 

 

 

発酵ぬかどこを1ヵ月で新調した理由

  • ぬかどこのゆるさが半端なくなったから
  • ぬか漬けの漬かり具合が悪くなったから

 

以前のブログを読んでもらえばわかると思うのですが、最初の頃は結構色々と漬けており、水分が多く出る野菜もたくさん漬けていました。アスパラとかセロリとか。

 

結果、ぬかどこのゆるさが半端なくなりまして…。水分がしみ出てる感じ、わかりますかね。

 

f:id:watasaji:20200706130043j:image

 

もちろんキッチンペーパーで吸い取ったりしていましたが、もはやそれでは追いつかぬほど。こうなると全体の漬かり具合も悪いし、ぬか漬けの味もぼんやりしてあまり美味しくない。

 

対応策として塩を加えてみたもののイマイチだし、ならば無印の補充用ぬかどこ(250g)を投入しようと思ったのですが、人気商品らしくて店舗では売り切れ。

 

それならいっそのこと前回と同じ1kgを買い、一から漬け直したほうが味的にも良くなるのでは?と思ったことが、ぬかどこを新調した理由です。

 

1ヵ月余りで早すぎるとも思いましたが、これからも続けていくなら早いうちに軌道修正したほうが良いと思って。この判断は、結果的に正解だったと思います。

 

ここで、ひとつだけ言わせてください。

 

水分の多い野菜を漬けるのは…

 

気をつけなはれや!!

 

 

ホーロー保存容器へ変えた理由

  • ジッパー部分の手入れが面倒になったから。
  • 小さな野菜が取り出しにくかったから。

 

新ぬかどこを迎え入れる時に思ったことが、ジッパー部分の手入れはもうしたくないということ。

 

f:id:watasaji:20200706114801p:image

 

清潔に保つため、袋をしっかりとじるため、この部分の細かな溝に入り込んだぬかをしっかり取り除いてから冷蔵庫へしまいたいのですが、これが結構面倒な作業で。

 

尚且つ、この縦に深い袋だと野菜が奥底に埋まってしまうことがあり、プチトマトなどの小さい野菜を見失うことが多々あったんですよね。

 

なのでそれらを総合的に考えた結果、こちらの容器で漬けることがベストなのではという考えに至りました。

 

無印良品公式サイトより

f:id:watasaji:20200705132104j:image 

無印良品のバルブ付き密閉ホーロー保存容器。ホーローは酸や塩分にも強いらしいので、まさにぬか漬けにはうってつけですしね。

 

 

バルブ付き密閉ホーロー保存容器の利点

  • 簡単に清潔に保てる
  • 程よい深さなので野菜を見失わない
  • ニオイ漏れが全くない

 

細かい溝がないので容器についた余分なぬかもひと拭きするだけで綺麗に落ちるし、容器の間口が広いので野菜も取り出しやすい。あと、ここも大事。ニオイ漏れゼロ。

 

元のチャック付き袋でもニオイ漏れはありませんでしたが、このホーロー容器もさすが。商品名に液体とニオイが漏れないと書いてあるだけの実力がありました。

 

f:id:watasaji:20200705163136p:image

 

どうやらバルブに秘密があるようですね。バルブを押し下げるとフタが密閉して、空気の流入を防いでくれるようです。

 

野菜を入れて、

 

f:id:watasaji:20200703232813p:image

 

野菜の上にぬかをかぶせて、フタをしてバルブを下げたら冷蔵庫へ。

 

f:id:watasaji:20200705211349p:image

 

これまでと変わらず、美味しいぬか漬けが出来上がります。

 

f:id:watasaji:20200703232941p:image

 

 

バルブ付き密閉ホーロー保存容器の注意点

  • バルブを上げる時に注意
  • フタ裏の水滴に注意

 

先ほどバルブを押し下げると空気の流入を防いでくれると言いましたが、逆にフタを開ける時はバルブを上げないといけないのですが…

 

正しくは、こう。

 

f:id:watasaji:20200705211530p:image

 

それが、たまに…

 

f:id:watasaji:20200703174141j:image

 

あまり強く引っ張り上げると、バルブが取れてしまうことも。取れたとしてもまた簡単にはめることが出来るので問題はないのですが、少し注意が必要です。

 

あとは、フタの裏に水滴がつきやすい!

 

f:id:watasaji:20200703195819p:image

 

結露なんですかね?それとも、空気の流入を防いでる結果?どちらにせよ、フタを開けた時にはこまめに拭き取るようにしています。

 

こんな感じで色々と軌道修正しつつも続けている、ぬかどこでのぬか漬けづくり。今後どんな展開になるかはわかりませんが、引き続き楽しんでいきたいと思います。